産後ケアヘルパーを装い不倫相手の男の家に通った女が妊娠してバレたらしい

産後ケアヘルパーを装い不倫相手の男の家に通った女が妊娠してバレたらしい台湾で、不倫相手の男が妻の出産後のケアヘルパーとして愛人の女を家に呼んだが、その後愛人も妊娠したことから不倫が発覚し妻が愛人相手に賠償請求を起こしたらしい。
(※画像はイメージです)


真面目過ぎる爆乳家政婦 綾瀬みなみ 台湾人と結婚し台湾で暮らすようになったが6年前に夫の暴力が原因で離婚した中国広東省出身の女(36)が、2年前から台湾北部に住む妻帯者の男性と交際を始め不倫をしていたらしい。

2011年1月、男の妻が出産を終え、男は産後ケアのヘルパーを探すふりをして不倫相手の女を妻に紹介。何も知らない妻は承諾し、その後女は約1か月間ヘルパーとして男の家に堂々と出入りし不倫。

2012年12月、不倫女がヘルパーとして男の家に行っていた頃に仕込まれた不倫男の子を出産。夫の言動から妻が夫の浮気に気付くと、男は女を遠ざけ連絡も取らなくなったとのこと。

産まれたばかりの子供を抱え貯金も底をついた不倫女は2012年2月、子供を交番の机の上に置き去りにして自殺を決意したが、引きとめた警官に事情を話して事が明るみに出たらしい。

妻は不倫女を相手に賠償請求を起こし、50万元(約170万円)の慰謝料の支払いを命じたとのこと。


情報元:
【アジア発!Breaking News】産後ケアヘルパーを装い、不倫相手の男の家に通った女。(台湾) -Techinsight

関連記事:
美人銀行員と上司の不倫セックスハメ撮り画像が流出?
「不倫人妻アンケート」でわかった最近の傾向
不倫経験のある既婚男性の9割が結婚2年以内に不倫していたらしい
働く人妻の約21%が「不倫経験あり」らしい








タグ: 不倫  浮気  産後ケアヘルパー  同居  台湾 


0 Comments

Post a comment