国家公務員の女性が出張先のホテルで性行為中にケガしたんで労災認めろ → 4年間裁判で争ったが最高裁が認めない判決

国家公務員の女性が出張先のホテルで性行為中にケガしたんで労災認めろ → 4年間裁判で争ったが最高裁が認めない判決オーストラリアで、国家公務員の女性が出張で泊まったホテルで性行為中にケガしたので労災を申請したが、裁判で4年間争った結果最高裁が認めない判決を出したらしい。
(※画像はイメージです)


出張中のOLが宿泊先のホテルで初めて見るAVに興奮しオナニーする所を盗撮!間違ったフリをして部屋に乱入すると発情したOLはそのままチ●ポを求めてくる! オーストラリアの国家公務員の女性が、2007年に出張先で雇用主が予約した部屋に宿泊。性行為中に照明器具が落下してきて鼻と口、歯に怪我をした他、精神的な傷を負ったらしい。

女性は2009年、オーストラリア連邦政府の職員を対象とする労働安全・補償管理機関のComcare(コムケア)に労災申請。一度は認められたが後に決定が取り消された。

その後、女性はこの問題を行政控訴裁判所に持ち込んだが決着が付かず、連邦裁判所での審理を経て、最高裁まで行き争っていたとのこと。

4年間に及ぶ裁判の末最高裁は、負傷した際に女性は具体的に職務に関連した活動を行っていたわけではなかったとして、女性の訴えを退けたらしい。

なぜわざわざ性行為中だったと言ったのだろうか・・・。


情報元:
「出張先での性行為中に負傷」、補償なし 豪最高裁判決 -AFPBB News

関連記事:
オナニーを我慢できない病気の女性が会社クビに → 訴えて「職場で1日18回オナニーOK」の判決
売春婦とのパーティーに強制参加させられたと従業員が会社を訴える
スカート姿で足を広げて「コマネチ」を強要された20代OLがセクハラ企業を提訴








タグ: 公務員  出張  宿泊  性行為中  事故  労災  裁判  却下  オーストラリア 


0 Comments

Post a comment

人気アダルトゲーム