トラブル続発の「JKお散歩」で店の摘発を検討するも違法性なし → 少女側を10人以上補導

トラブル続発の「JKお散歩」で店の摘発を検討するも違法性なし → 少女側を10人以上補導性的被害やトラブルが相次いでいる「JK(女子高生)お散歩」で、18歳未満の少女ら10人以上が一斉補導されたらしい。
(※画像はイメージです)


お散歩J○秘密の裏円光 1 個室で女子高生がマッサージをする「JKリフレ」が摘発された2013年1月以降、女子高生と有料で一緒にお散歩できる無店舗型の接客サービス「JKお散歩」が秋葉原を中心に広まったらしい。

「JKお散歩」は、働いている女子高生(17)から下着を買った会社員の男(30)が2013年10月に東京都青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されるなど、性的被害やトラブルが相次いでいたとのこと。

警視庁少年育成課は、「JKお散歩」が性的被害などにつながる恐れがあるとして、未成年者に危険で有害な業務をさせた労働基準法違反容疑などで店側の摘発を検討したが、散歩させるだけでは店側の違法性を問うことは困難と判断。

そこで、不特定多数の男性と1対1で接する営業形態そのものが少女の健全育成に有害として、少女側を補導することでトラブルの解消を図る方針に切り替えたらしい。

警視庁少年育成課は、JKお散歩で働く18歳未満の少女らを補導対象に全国で初めて指定し、2013年12月16日夜に東京・秋葉原で少女ら10人以上を一斉補導したとのこと。


情報元:
「JKお散歩」で少女ら初補導 トラブル続発「性的被害の恐れ」で警視庁方針転換 -MSN産経ニュース

関連記事:
個室で女子高生にみだらなポーズさせていた「JK撮影会」初摘発
女子高生が個室で添い寝やハグをしていた「JKリフレ」17店を一斉捜索
JKリフレは悪徳スカウトが考案し 「JKリフレ卒業 → 水商売 → 風俗 → AV女優」 と少女を食い物にしてるらしい







タグ: JKお散歩  JKサービス  女子高生  ライト風俗  摘発  秋葉原  東京 

0 Comments

Post a comment

-->