淫行の被害に遭った少女の9割がスマホ経由でその大半が「LINE」らしい

淫行の被害に遭った少女の9割がスマホ経由でその大半が「LINE」らしい北海道内で2013年にインターネットサイトを利用して児童買春や淫行などの被害に遭った18歳未満の少女の内、約9割がスマートフォンの「無料通話アプリ」などの「交流サイト」を使っていて、大半が「LINE」などの無料通話アプリを使っていたことがわかったらしい。
(※画像はイメージです)


SNS出会い系掲示板でナンパした女子校生ハメ撮り流出映像 北海道教育委員会が、北海道内の中高生を対象にしたネット利用の実態調査に初めて乗り出したらしい。

北海道警少年課によると、2013年1年間にインターネットを介して買春や淫行などの被害に遭った少女は89人。うち82人が、登録した会員同士が近況などのメッセージや画像を掲載・閲覧し合う「交流サイト」を通じて加害者と出会い、大半は「LINE」などの無料通話アプリを使っていたとのこと。

無料通話アプリは、登録時に取得したIDが分かれば電話番号やメールアドレスを知らない相手でも通話やメッセージのやり取りができ、ネット上には、無料通話アプリのIDを交換するための「ID掲示板」などのサイトが多数存在。異性との出会い目的に利用する人も多いらしい。

北海道空知地方の中学2年の女子生徒(14)は2013年10月、無料通話アプリを通じて見ず知らずの札幌市の会社員の男(26)と知り合い、男と数回やり取りした後、札幌市内で遊ぶことを約束。男は宿泊先に困っていた女子生徒を自宅に招き、寝場所を提供することを条件に淫らな行為をされるという事例もあったとのこと。


情報元:
少女性被害、9割スマホ経由…大半「LINE」 -YOMIURI ONLINE

関連記事:
スマホ女子高生3割がネット出会い「実際に会った」
LINEで小学生女児に裸の写真送らせた男を逮捕
「20歳以上だと伝えたと言え」 LINEで知り合った14歳の少女と援交した大学院生を逮捕
「かわいい。胸見せて」 スマホ用アプリLINE Matchで女性になりすまして知り合った女子高生に裸の写真を送らせた男を逮捕








タグ: スマホ  SNS  LINE  データ  児童売春  淫行  北海道 


0 Comments

Post a comment