オルセー美術館でルクセンブルクのアーティストが女性器を露出するパフォーマンス【動画あり】

オルセー美術館でルクセンブルクのアーティストが女性器を露出するパフォーマンス【動画あり】パリのオルセー美術館のギュスターヴ・クールベ作の油彩画「世界の起源」の前で、ルクセンブルクのアーティストが女性器を露出するパフォーマンスを行ったらしい。


2014年5月29日、フランス・パリのオルセー美術館で、ルクセンブルクの女性アーティストが、フランス画家・ギュスターヴ・クールベの「世界の起源」の前に座り込むと、数十人の来場者の前でスカートをめくると中はノーパンでマンコを曝け出すというゲリラパフォーマンスを行ったらしい。

ギュスターヴ・クールベの「世界の起源」は、ベッドの上で足を開いた裸の女性の生殖器と腹部をクローズアップで描写した油彩画だが、パフォーマンスを行った女性アーティストは「絵画は女性が開脚してるが陰部が閉じていて穴が見えていないので矛盾している」「私が絵で表現されなかった“世界の起源”を表現しただけ」と言っているとのこと。

女性アーティストはスタッフの要請にも中止しなかったため呼ばれた警察に連衡されたが、その様子を撮影した動画をYouTubeにアップ。しかし夜には削除されてしまったらしい。

動画は無修正版のためクリック先にて
Une artiste expose son sexe sous «L'origine du monde»


情報元:
France: Une artiste expose son vagin devant « L’Origine du monde » (vidéo) -Quoidenews.fr

関連記事:
アートなヌード画像
IT関連をテーマにしたボディアートのヌード画像2
マンコをかたどった石膏をネットで販売していた50歳の男を書類送検
美人写真家・Erica Simone(エリカ・シモーネ)が日常の中でヌードになるセルフ撮影のアート写真








タグ: アーティスト  美術館  絵画  芸術  パフォーマンス  マンコ  局部  ルクセンブルク  フランス 


0 Comments

Post a comment