ユーチューバー くるみんアロマさんがAV出演を強要された過去を告白

ユーチューバー くるみんアロマさんがAV出演を強要された過去を告白動画投稿サイト「YouTube」を活動の主舞台とするユーチューバーのくるみんアロマさん(26)が、所属した事務所の「音楽デビューさせるよ」という言葉を信じてヌード撮影からAV出演に至るまで、「騙された」と過去を告白したらしい。


withnewsによると、ユーチューバーのくるみんアロマさんが所属した事務所に「音楽デビューさせるよ」と騙され、雑誌でのヌード撮影からAV出演まで強要された過去を告白したらしい。

くるみんアロマさんは、大学4年生だった2012年夏、東京・新宿を歩いている時に、スカウトの40代男性から声を掛けられ、一般企業からの内定を得ていたが音楽活動を本格的にやりたいという夢を叶えるため、都心の芸能事務所を紹介してもらうことにしたとのこと。

事務所の社長は、まずはグラビアで名前を広げ、音楽はそれから本格的にやればいいと言い、作詞にも興味を持ってくれ前向きに自分を押してくれる雰囲気があったので、事務所に所属する契約書にサインをした。

最初の雑誌グラビアの仕事は水着での撮影だったが、出版社の面接で社長は「この子は、ヌードもやります」と言い放ったという。全く聞いていなかったが、雑誌の担当者に気に入られたいという思いと社長に繰り返し説明され、意を決してヌード写真集とヌードイメージDVDをリリースした。

しかし事務所は音楽活動への後押しはしてくれなかった。それどころか「AVに出ないと、今後の仕事はない」と切り出してきた。
事務所では「『脱ぎ損』という言葉は知っている? ヌードで終わったら格好悪いよ」 「AVに出て格好良くやったら、次の仕事も保証するよ」などと社長とマネジャー役の男性ら5、6人に囲まれ説得された。AVへの出演は無理だというと「あなたワガママだから」と怒鳴られることもあり、いつも泣きながら帰ったらしい。

社長からは2年契約だから2年が経たないと契約が切れないと言われたが、くるみんアロマさんは契約書の控えはもらっておらず内容もよく確認していなかった。契約を解除したら罰金を取られるかとの心配もあったらしい。

事務所での説得は数ヶ月間、10回以上に及んだ。AVに出たら音楽デビューできるのか、後押しをしてもらえるのかを何度も確認すると、その度に「大丈夫だよ」「約束するよ」と言う。次第に、「AVの仕事をやったら芸能界で成功できる」という事務所側の言葉を「1%でも信じてみよう」と考えるようになり、最後には出演を承諾したとのこと。

AVの撮影は監督、ディレクター、カメラマン、男優と、事務所の人間ら男性10人ほどに囲まれ、くるみんアロマさんは「切腹する気持ち」で臨み「死ぬ気で耐えた」と言う。

慣れない性行為に「痛い痛い」と叫び「無理です」と叫んで撮影が中断しても、撮影側は「できるまで終わらないよ。こんなに時間がかかるのは、あなたぐらいだよ」と冷淡だった。「ここにいる大人全員、子どももいるし生活もある。あなた1人でみんなの生活を台無しにするのか」とも言われた。

事前に行ったAVメーカーとの面談で、できない行為を伝える「NG項目」も提出していたが、撮影当日はほとんど無視された。事務所の人間に過激な行為を強要され「あなたができないと言うと、うちの他の女の子に仕事が来なくなる。迷惑がかかるから、ちゃんと対応して」とも言われた。

絶望的な気持ちに事務所が怖い思いが重なり、恥ずかしさから誰にも相談できなかった。2本目にも出演するしかなかった。

全文はこちら → AV出演強要、ユーチューバーの過去 「音楽デビュー信じた自分」 (withnews)


ネット上ではくるみんアロマさんのAV女優名は何かという話題になり、「瑠未くるみ」では?というコメントがあった。
確かに瑠未くるみさんは、2015年9月18日のFacebookで事務所に騙されAVをやったと告白しているし、YouTuberになると言っている。

参考画像
ほぼ処女!不思議かわいい お嬢様AVデビュー 瑠未くるみ


AVは全て削除されているが、イメージDVDは残ってた
くるみのからを割ってください 瑠未くるみ
くるみのからを割ってください 瑠未くるみ


くるみのからを割ってください 瑠未くるみ



情報元:
AV出演強要、ユーチューバーの過去 「音楽デビュー信じた自分」 -withnews

関連記事:
瑠未くるみ 10/11 AVデビュー 「ほぼ処女!不思議かわいい お嬢様AVデビュー 瑠未くるみ」

素人無修正動画(スマホ対応)



タグ: くるみんアロマ  瑠未くるみ  YouTuber  AV出演  強要  告白  過去  事務所  騙されて 

0 Comments

Post a comment

-->