滋賀県でパンツが映ってなくてもスマホを向けるだけでNGへ規制強化案

滋賀県でパンツが映ってなくてもスマホを向けるだけでNGへ規制強化案滋賀県警が、現行の県迷惑行為等防止条例では取り締まりができない盗撮行為などへの規制強化を目指し、下着が映ってなくてもスマホを向けるだけでNGとなるなどの改正案をまとめ、県民からのパブリックコメント(意見公募)を実施しているらしい。
(※画像はイメージです)


現在の滋賀県の条例では、盗撮行為の規制場所を駅や公園など不特定多数が集まる「公共の場所」に限定され、会社や学校など“特定の人しか利用しない”場所での盗撮行為を取り締まることができなかった。改正案では「公共の場所」に加え、特定多数の人が集まり、利用する場所に範囲を広げている。

また盗撮目的で隠しカメラを設置しても、下着などの映像が撮影されていなければ、摘発は難しかった。改正案では、盗撮目的でカメラなどを人に向けたり、設置したりする行為そのものを規制対象としている。

滋賀県警生活安全企画課は「カメラの小型化などで盗撮が巧妙化している。条例の改正で速やかな摘発につながれば」としている。


着衣巨乳ストーカー盗撮 2
着衣巨乳ストーカー盗撮 2


制服OLの尾行タイトヒップ 2
制服OLの尾行タイトヒップ 2


盗撮 街中太もも尾行2
盗撮 街中太もも尾行2



情報元:
盗撮カメラ、スマホ…「他人に向けるのもNG」に 滋賀県警、条例改正パブコメ募集 -産経ニュース

関連記事:
淫行禁止条例が唯一なかった長野県で条例成立
「JKビジネス」規制条例制定へ警視庁が検討開始
教室内での盗撮やのぞき見行為の立件は難しい・・・だと・・・?
若い女性の太ももを盗撮していた総務局の“脚フェチ”職員を懲戒処分


タグ: 条例  改正  法律  規制  盗撮  滋賀 

0 Comments

Post a comment

-->