飛驒市図書館で官能小説の朗読会 女性館長「ため息や擬音も」


ここでは、セクシーニュース24の 「飛驒市図書館で官能小説の朗読会 女性館長「ため息や擬音も」」 に関する記事を紹介しています。
 TOP |  日本 |  世界 |  芸能 |  着エロ |  AV |  風俗 |  事件 |  話題 |  画像 |  グラビア |  セクシー動画 |  無修正動画
飛驒市図書館で官能小説の朗読会 女性館長「ため息や擬音も」岐阜県の飛驒市図書館で、8月27日に官能小説の朗読会「官能小説朗読ライブ」が行われるらしい。


2016年8月27日午後8時から、岐阜県飛驒市図書館で朗読会「官能小説朗読ライブ」が開かれるらしい。
月替わりで続けている「おとなの時間」企画の一環で、エロチックな描写がある短編小説を、3人の女性が1編ずつ朗読するとのこと。

読み手は図書館の館長と図書館司書2人の女性3人。「エロチックな感情はだれもが共感できるもの。それを作家はどんな風に言葉で表現したか、聞き手の皆さんに楽しんでいただければ」と、企画した図書館司書の女性は話している。

朗読する作品名は「来るまでのお楽しみ」とマル秘だが、すべて飛驒市図書館所蔵のもの。言葉がかき立てる想像力を実感してもらうことで、文章表現や本の世界にもっと親しんでもらいたいという思いを込めるとのこと。

企画は2015年に思いついたが、読み手が見つからなかったため、館長が「私たちでやろう」と決めた。「ため息や擬音語なども、恥ずかしがらず、ちゃんと読む」が3人の決意らしい。市教育委員会の了承を得ており、飛驒市長も聞き手として参加する予定。

2016年8月27日午後8時から午後9時半まで。入場無料。


エロ小説を読んで男のオナニーを見ているだけのつもりが、勃起したチ○ポを目の前にして女たちは我慢できずに触り、舐め、挿れて、激しくイキまくる!
エロ小説を読んで男のオナニーを見ているだけのつもりが、勃起したチ○ポを目の前にして女たちは我慢できずに触り、舐め、挿れて、激しくイキまくる!


本人出演!女流作家が自分で書いた官能小説を朗読しながらオナニー&淫乱妻の自慰
本人出演!女流作家が自分で書いた官能小説を朗読しながらオナニー&淫乱妻の自慰


官能小説朗読オナニー
官能小説朗読オナニー



情報元:
図書館で官能小説の朗読会 女性館長「ため息や擬音も」 -朝日新聞
飛騨市図書館で官能小説朗読ライブ 図書司書3人、一肌脱ぎ開催へ -飛騨経済新聞

ムラムラって・・・ (スマホ対応)

シチュエーション・企画モノ無修正動画



関連タグ : 官能小説, 朗読, 図書館, 溜息, 擬音, 飛騨, 岐阜,

2016/08/27(土) 14:02


NO.1 無修正動画サイト 「カリビアンコム」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い