16歳少女の「処女」を60万円で売り出していたスペインの売春組織摘発

16歳少女の「処女」を60万円で売り出していたスペインの売春組織摘発スペインで、処女という16歳少女の「初体験」を60万円で売り出していたスペインの高級売春ネットワークが摘発されたらしい。
(※画像はイメージです)


AFPBB Newsによると、スペインの警察当局は2017年3月11日、「10代の処女を提供する」といった売り文句を並べて活動していた高級売春ネットワークを摘発したと発表したらしい。

当局の声明によると、おとり捜査により7人が逮捕され、インターネット上において自身の「初体験」を5000ユーロ(約60万円)で売りに出されていた少女(16)が救出されたとのこと。

この組織はスペイン南部のリゾート地、マルベーリャ郊外で営業を行い、実年齢よりもずっと若く見える18歳の処女の女性を提供するとの触れ込みで売春を斡旋していたが、警察の摘発により実際は16歳の少女だったことが判明したという。

当局によると売春のネットワークは「完璧に組織化され」、高い利益を生みだしており、予約システムに電話オペレーターを使い、「非常に金回りの良い顧客ら」の自宅やホテルの一室に売春婦をタクシーに乗せて送り届けていたという。

タグ: 処女  初体験  売春  売春組織  摘発  スペイン 


0 Comments

Post a comment