アメリカで10人に1人が空港内でセックスの経験ありらしい

アメリカで10人に1人が空港内でセックスの経験ありらしいアメリカで行ったアンケート調査結果によると、約10人に1人が空港内でセックスした経験があると答えたらしい。
(※画像はイメージです)

日刊サイゾーによると、飛行機に乗る前、つまりは空港の中で我慢できずにセックスしてしまう人が意外に多いという驚きの事実が判明したらしい。

アメリカのワシントン・ポスト紙によると、「US.Jetcost.com」という航空券料金やホテル宿泊料の比較サイトで、空港の中でセックスをしたことがあるか?という調査を行った。アンケートに答えた18歳以上のアメリカ人4,915人のうち、10人に1人が空港内でセックスした経験があると答えたのだという。

調査では、空港内でなんらかの性的行為をした人のうち、42%が公共トイレの中で、28%が用具置き場の中で、14%が“コートの下で”と答えているという。さらには、12%の人がVIPラウンジでと答えており、17%の人が行為の最中に空港職員に見つかってしまったことがあるという。

空港では暇を持て余すことも多く、国際線だと2時間前にはチェックインしなければならないため、搭乗までにはかなりの時間がある。その間にムラムラして一発、という人が結構いるみたい。

人間は命の危険を感じると子孫を残そうと本能的に性欲が増すという説もあり、もしかしたらこれから空を飛ぶということに無意識のうちに命の危機を感じていて、空港内でヤリたくなってしまうのかも?と日刊サイゾーでは推測している。

タグ: アンケート調査  空港  経験  性行為  アメリカ 


0 Comments

Post a comment

人気アダルトゲーム