韓国大手紙が日本のAV作品の挺身隊を「慰安婦」と表現して波紋?

韓国大手紙が日本のAV作品の挺身隊を「慰安婦」と表現して波紋?戦時中の女子挺身隊を舞台にした日本のAV作品について、慰安婦を題材にしているとして韓国大手紙が報じ、ネット上で非難を浴びてるらしい。

J-CASTニュースによると、 戦時中の東京近郊を舞台にした女子挺身隊をめぐるAV作品が慰安婦を題材にしていると韓国3大紙の1つ「中央日報」が報じ、波紋が広がっているらしい。

問題のAVはSODのグループ会社になるヒビノから2017年6月1日の発売予定の「昭和女のエレジー」シリーズの「昭和女のエレジー 全裸羞恥!悶え泣く女子挺身隊、官能の極みに落ちる 1945」で、戦争末期の夏に東京近郊の軍需工場で、勤労動員される挺身隊になった女性3人が軍人たちから機密書類を盗んだと疑われて性的な凌辱を受けるというストーリー。

昭和女のエレジー 全裸羞恥!悶え泣く女子挺身隊、官能の極みに落ちる 1945
画像クリックでジャケ写拡大

このAVを韓国3大紙の1つ「中央日報」が5月22日のWeb記事で、作品パッケージのぼかし写真を付けて「日本軍慰安婦を題材にした成人向けコンテンツが制作され、波紋が広がっている」と報じた。

記事では「挺身隊は、太平洋戦争時に、日本が戦争遂行のために、女性を強制的に動員した従軍慰安婦と勤労挺身隊を通称する言葉だ」と主張し、韓国のネット上で激しい非難を浴びていると指摘した。この情報を伝えた韓国のブロガーは、登場人物は日本の女性に設定されているとしながらも、「このような敏感な素材で成人向けコンテンツを作成しなくてもいいと思う」と批判したという。

しかし女子挺身隊はあくまでも軍需工場に動員された女性を指すもので、挺身隊を慰安婦と同一視することは言葉を混同しているとし、ネット上では「慰安婦関係ないやん」「日本人女性の設定だろうと思うけど、それでもダメなのか?」「韓国人がいきり立つ理由がわからない」などと疑問の声が上がっていたとのこと。

このためか、AmazonやDMMでは商品ページが削除されていた。

タグ: 挺身隊  慰安婦  波紋  批判  発売中止  昭和女のエレジー  ヒビノ  韓国 


0 Comments

Post a comment