14歳の中3少女を雇っていた大阪・心斎橋筋のガールズバー「BaRNoa(バーノア)」摘発

14歳の中3少女を雇っていた大阪・心斎橋筋のガールズバー「BaRNoa(バーノア)」摘発大阪・心斎橋筋のガールズバー「BaRNoa(バーノア)」が、14歳の中3女子を雇っていたことが発覚し摘発されたらしい。
(※画像はイメージです)

産経ニュースによると、女子中学 生をガールズバーで働かせたとして、大阪府警南署などは2017年5月30日、労働基準法違反(最低年齢)容疑で、大阪市中央区心斎橋筋のガールズバー「BaRNoa(バーノア)」を摘発し、大阪府内に住む自称従業員の少年(18)を逮捕したらしい。

逮捕容疑は、4月上旬~中旬、当時14歳だった中学3年の女子生徒を雇い、店近くの路上などで客引き行為などをさせたとしている。少年は容疑を認めている。

南署によると、店は逮捕された少年と、大阪府内に住む別の男子高校生(17)が経営していたとみられ、女子中学 生ら5人程度が従業員として勤務していた。同署は4月、私服警官に客引きしたとして、大阪府迷惑防止条例違反容疑で、従業員の女子中学 生1人を現行犯逮捕していた。

大阪府警によると、女子中学 生は自らSNSに「ガールズバーで働きたい」と投稿し、少年らが面接で採用したという。府警は、制服姿の女子高校生らに男性客の接客をさせる「JKビジネス」対策を強化している。

タグ: ガールズバー  少女  14歳  中○生  JC  客引き  摘発  大阪 


0 Comments

Post a comment