「女性のプロ意識の低さに腹が立った」 外国人デリヘル嬢の顔を殴って払った金を奪った高校教師逮捕

「女性のプロ意識の低さに腹が立った」 外国人デリヘル嬢の顔を殴って払った金を奪った高校教師逮捕東京・池袋で、サービス後に外国人デリヘル嬢の顔を殴って支払った代金を奪った高校教師が逮捕されたらしい。
(※画像はイメージです)

報道によると、警視庁池袋署は2017年6月14日、性的サービスを受けた後に女性に暴行して現金入りのバッグを奪ったとして、強盗致傷の疑いで東京都東村山市の都立中野工業高校教諭の男(52)を逮捕したらしい。

逮捕容疑は4月16日午後7時50分頃、、東京都豊島区のビジネスホテルの一室で、外国籍の40代女性に性的サービスを受けた後、女性に馬乗りになって顔を枕に押しつけたり殴ったりして、現金約26万円が入ったバッグを奪い、全治約2週間のけがを負わせた疑い。

女性は佐藤容疑者と一緒に室内にいたが、女性がスマートフォンを見ていたところ、男が突然襲いかかった。助けを求めて女性が部屋を出た隙にバッグを持って逃走したという。

男は「女性のプロ意識の低さに腹が立った」と容疑を認めている。

男は240分6万4千円のコースを指名。同日午後4時頃に部屋を訪れた女性にいきなり10万円を手渡し、その後も延長料金や小遣いなどとして計約16万円を支払っていた。

奪った26万円は容疑者が女性に支払った代金。デリバリーヘルス(派遣型風俗店)を介して女性を呼び、午後4時頃に部屋を訪れた女性に対し事前に「良いサービスをして」といきなり通常料金より多い10万円を手渡し、その後も延長料金や小遣いなどとして計約16万円を支払っていたという。

ホテル周辺の防犯カメラの映像から浮上した。

タグ: デリヘル  外国人  デリヘル嬢  プロ意識  立腹  殴る  奪う  教師  池袋  東京 


0 Comments

Post a comment