女性患者の服を脱がしておっぱいを揉んだりスマホで裸の写真を撮っていた医師を書類送検

女性患者の服を脱がしておっぱいを揉んだりスマホで裸の写真を撮っていた医師を書類送検泥酔した女性に病室でわいせつな行為をしたり、乳がん検診中に女性を盗撮したりしたとして、大阪府警岸和田署は2017年9月6日、大阪府松原市の医師(49)を準強制わいせつと軽犯罪法違反の疑いで書類送検したらしい。
(※画像はイメージです)

送検容疑は2016年11月中旬の夜、当時勤務していた大阪市内の病院の病室で、泥酔状態で搬送された30代女性の服を脱がせ、胸を触ったとしている。

また、2016年10月~2017年6月、岸和田市役所や府内の民間企業に派遣された乳がん検診や健康診断で、受診中の複数の女性をカバンに隠したスマートフォンで3回撮影(最長約70分)したとされる。「ストレスや性欲を解消するためにやった」と認めているという。

岸和田署によると、岸和田市が6月27日に市の女性職員を対象に行った乳がん検診中に、カバンの外側のポケットにスマホが隠されているのを職員が見つけ、盗撮の疑いが浮上。同署が調べたところ、わいせつ行為や検診の様子などを撮影した動画が、スマホやパソコンに保存されていたため、翌28日に準強制わいせつの疑いで逮捕。その後釈放し、任意で捜査していた。

タグ: 医師  医者  診察  女性患者  わいせつな行為  胸を揉む  盗撮  書類送検 


0 Comments

Post a comment