「どう考えてもアウト」 中学校男性教諭が女子生徒の肩を抱き寄せたり深夜に自分の部屋に呼び抱きついたり → 浜松市教委セクハラ認定せず

「どう考えてもアウト」 中学校男性教諭が女子生徒の肩を抱き寄せたり深夜に自分の部屋に呼び抱きついたり → 浜松市教委セクハラ認定せず静岡県浜松市内の市立中学校に勤務していた当時30代の男性教諭が、2007~08年に教え子の女子生徒に抱きつくなどの行為を複数回していたにもかかわらず、この事実を知った浜松市教育委員会が、セクハラやわいせつ行為とは認定せず、発覚から2年近く経過してから「不適切な指導」として文書訓告処分としていたことがわかったらしい。
(※画像はイメージです)


優等生すぎる女子校生は犯されて頭のネジが1本外れるとトンデモナイ変態と化す。 愛内希 2007年10月から2008年4月の間、浜松市内の市立中学校に勤務していた当時30代の男性教諭が、自らが顧問を務めていた陸上部に所属する女子生徒に対し、部活の指導名目などで女子生徒と2人きりになり、車の中などで肩や頭を抱き寄せて話をしたり、生徒の手を握ったりした他、合宿中の宿泊先で生徒を深夜に自分の部屋に呼び、抱きつくなど、少なくとも6回あったらしい。

女子生徒が保護者に「学校に行きたくない。部活を続けられない」などと相談し、2008年4月頃に発覚。

浜松市教育委員会は教諭から事情を聞いたが、教諭は「指導のフォローのつもりだった」などと話し、わいせつやセクハラ目的ではなかったと主張。その後、教諭は自宅謹慎となり、そのまま特別休暇を取ったとのこと。

浜松市教育委員会は発覚から約2年が経過した2010年3月、1.直接的なわいせつ行為と判断できない、2.過去の事案との比較――などを理由に教諭を懲戒処分でなく、「不適切で行き過ぎた指導」として文書訓告処分としたらしい。男性教諭はその後、自己都合退職。

同市教委の基準では、児 童生徒へのわいせつ行為は原則として懲戒免職処分だが、この事案については「セクハラとは判断できず、懲戒には至らない」と判断。基準では、免職や停職は公表の対象になるが、内規処分である文書訓告は原則として公表されないとのこと。

処分まで約2年かかった理由について市教委教職員課は「(当時の担当者が)在校中の被害者に配慮したためでは」などとしているが、ある市教委関係者は「どう考えてもアウトの事案。当時の判断がどうしてこうなったのか」と話したらしい。


情報元:
女子に抱きつく教諭、市教委セクハラ認定せず -YOMIURI ONLINE

関連記事:
「守ってあげたかった」 学校内で女子中学 生をひざの上に乗せ胸などを触った教師を逮捕
悩み相談を持ち掛けられた女子高生の胸を触ったりキスした教師を懲戒免職処分
インターネットカフェの個室に女子生徒と2人きりで入った男性教諭を懲戒処分
「彼氏がおるがやろ。見られたらどう思うやろうね」 教室で女子高生と2人きりになった際ドアの鍵を閉めて抱きついた教師を懲戒処分

ムラムラって・・・ (スマホ対応)

シチュエーション・企画モノ無修正動画

タグ: 中学校  男性教諭  教師  女子生徒  肩を抱き寄せ  深夜  抱きつく  セクハラ   


0 Comments

Post a comment

ライブチャット